back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログネタが思いつかないんで、メモついでに
スペックを書いていきたいと思います笑



(ちょっとトップチューブがスッキリしました…)


ん~…こういうのってどこから書くのがいいんでしょうかね笑
とりあえずフレームからいきますかね

フレーム:cannondale CAAD10 (2011)
ホイール:MAVIC KSYRIUM (1999)
タイヤ:continental ultrasport 700×23c
ハンドル:GIANT 400mm (TCR2デフォルト)
ステム:シマノpro LT 110mm
シートポスト:FELT 27.2 (f85デフォルト)
サドル:VERTU CCAV-S
バーテープ:cannondale superlight microfiber
シフトレバー:ST-4600 Tiagra
FD:FD-4600 Tiagra
RD:RD-4601 Tiagra (テンションプーリー KCNC10T)
ブレーキ:BR-5800 105 (前後とも)
スプロケット:CS-4600 12-28T
チェーン:KMC (TCR2ニツイテターノ)
クランク:FSA GOSSAMER pcd130 172.5 39-53T (チェーンリングボルト KCNC)
ペダル:PD-5700
BB:BB30
ワイヤーセット:JAGWIRE lex-sl
ボトルケージ:ELITE customrace
スキュワー:DIXNA



…こんなもんですかね?
他に知りたいところがあればコメントでもしていただければ(こない)

ここ1ヶ月くらいで一気に異音なんかが出始めたので心配ですが、まだまだ動いてもらいます笑
よろしく✋✋✋

では!

にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
前回の走行時に発見された謎の異音…

その後シートポストとBBをグリスアップして
先日、海まで走ってきました!

が、異音は解消されておりませんでした()

キィキィとかギシッ
みたいなフレームが軋むような音。
出どころもよくわかりません。╮( •́ω•̀ )╭






海は結の浜です。気持ちよかったですよ~⤴︎ ⤴︎


その道中、色々な走り方を検証して
異音の正体を暴こうとしてました笑

その結果、
どんなトルクをかけても、ケイデンスを上げても、
ダンシング時は音がしない。
シッティングの時かつ、登りの時だけ
音が出る。
ということがわかりました。


山に入ってからもいろんな漕ぎ方をしてました。

そんな中、インナーローで自転車が倒れない最低の速度笑
で登ってる時に気づきました。



左足が下支点に来た時だけ音がする!!

ということです!!笑

こうなればBBしかないんじゃね?
と思ったけど、山は静かなんですぐわかりました。


こ れ は サ ド ル か ら だ ! ! !


そう、なんと

ここから異音が発生していたのです…_(꒪ཀ꒪」∠)_

おそらく最近の雨天走行とシャワー洗車などが
重なったのが原因だと思われます。

家に帰って、ワコーズチェーンルブ笑をさしました笑

するとなんということでしょう。
異音は嘘のように消え失せたのです!!笑

さすがパチモンのサドルと言ったところでしょうか笑
明らかに謎な異音が発生したら、サドルレールを疑うのもアリかもしれませんね笑

では!

にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
にほんブログ村
 CAAD10整備  2016/05/03 (Tue)
月1くらいでやってくるメンテ記事です( -ω- `)
特に決めてやってる訳じゃないですが、気付けば月1くらいでやってますね笑

まずはチェーンから。
フィニッシュラインのチェーンクリーナーキットでガーーーーッと回します。
黒い汚れがクランク周辺に付着します。
放置しとくと厄介なんで水ですぐ流します。

ついでに自転車全体にシャワー。



次に中性洗剤とスポンジで自転車全体を洗います。
泡で洗うといいでしょう(◜ω◝)


それだけやれば、とりあえず綺麗に落ちます。

が、フロントのインナーチェーンリングが全然綺麗になってない…
このままでは注油してもまた汚れてしまうのでBBグリスアップも兼ねて、バラします。


グリス拭き取りました。感触に異常はありません。


全ての面の汚れを落とします。
結構摩耗してますね…((´´◔◔౪◔◔))


んで組みます。今回はボルトのネジも綺麗にグリスアップ。

BBにはめる時はグリスを添付します。
多めに付けて、はみ出したぶんを拭き取るというのが主流?かもしれませんが、自分はそのスタイルが嫌いです笑
拭き取ってもベタつきが残ったりするし、そもそも指が入る隙間がなかったりします。

なのでいつも漏れない最大限の量を見極めてグリスをつけてます笑

そしてグリスは安定のこれ。

介さんが手を加えた自転車はいつもこれです笑
別に問題ないです笑


で完成。

それでは注油しましょう。
今回はオイル交換です。

WAKO'S チェーンルブ
拭き取りの量とかでフィーリングが変わるらしいです。
ディレーラーなどにも使えるみたい…なんでこれでいってみます。

シフターやブレーキにも使ってみました。
シフターの方の注油はサボってたんでブレーキが軽くなりました( ˇωˇ )

次のメンテの時にチェーンがどれほど汚れるかが気になるところですね~
(期待してるぞ…?)


では✋

にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
にほんブログ村
どうも、介さんです。

今回はブレーキ交換です。

現在のブレーキは…
テクトロ R340。
MasaのTCR2を購入した時についていたもので、CAAD10を組む時にコンポごと売ってもらったものです。

ですが、テクトロブレーキ。
世の中では、う〇こブレーキなどと呼ばれていたりします(上位モデルは割と使えるみたいです)

で、確かに効かない。
下りのコーナーはアウト、イン、ストレート笑
ブレーキをかけてもキチンと減速できないか、ロックするかのどちらか(中間がない笑)

というわけで最新モデルの105ブレーキへ交換することにします(◜ω◝)


Amazon購入。2日できました('ω')
ついでにシフトワイヤーも交換。
ジャグワイヤーのケーブルキット プロです。
テフロン加工のインナーワイヤーですね




ブレーキ本体。5800から新しいタイプに変わりましたね





それではバラしていきましょう。
ワイヤーは最初に組んだ時以来交換してないので1年半ぶりですかねぇ

バーテープは再利用ですがなにか?笑


退役なさったR340
シューはアルテなので再利用します。


リアディレイラーとチェーンも外します。


取り外したワイヤー。_(꒪ཀ꒪」∠)
ブレーキダストやらオイルやらで汚れてますね


シューをつけて、指定トルク(8~10n)でとりつけます。カーボンフォークも同様。

写真、ないです笑



ワイヤー開封。
中国語と英語です笑 ステッカーもついてますね笑






画像だけで判断します笑


切りそろえたアウターを加工。


組んでいきマース


ライナー付きアウターキャップや

フレーム保護ゴムパーツ

こういった仕様はうれしいですねぇ…

そして…



完成!!!

変速調整も手こずりましたがなんとか元通り笑
そしてテフロン加工ワイヤー。さすが
ブレーキもシフトも軽くなっています。


雨の中作業したので試走はできてません笑

評判の良い105に期待しています。

では✋

にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
にほんブログ村
 MAVIC KSYRIUM SSC  2016/03/14 (Mon)
MAVIC KSYRIUM (SSC)
別名 初代キシリウム


多少の違いはあるかもしれませんが
アームストロング船長もツールで使用していたホイールですね…(山岳ステージ)

生産開始はおそらく1999年…かな

"マヴィックの画期的なアイディアと航空力学との融合により”Fore”テクノロジーを開発。

クロスマックスおよびキシリウム ホイールの開発へ道を開きます。その結果、リムの剛性をアップし、リムテープ不要で、気密性の高い取り付けが可能となり、スポークの本数を削減、そしてホイールは軽量化され、剛性と耐久性が向上したのです。"

MAVICサイトより

ざっと説明してくれてる。こんな感じ

この3年後にリムを削った軽量モデルが
出てきます(特許取得してる)

そんなキシリウムシリーズの原点である
MAVIC キシリウム。まだグレードも無いですね笑




…でなんでこの話かっていうと








目が覚めると玄関に転がっていた……(大嘘)



実は、Twitterで軽いホイール欲しいなーとボヤいていたらレッド君(さん)から使ってないキシリウムあるけどいる?
との、お話が( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンwww

全然メンテもしてないし、だいぶ古いから
ってなわけでかなりの破格で譲っていただきました!本当にありがとうございます\( ‘ω’)/

重量は測ってませんが、調べによると前後で1650g程のようです。
まぁ少し重めですが、レーシング7に比べれば300gほどの軽量化ですね
あと塗装剥げとリムステッカーの損傷が激しい(꒪ཀ꒪)






細部画像。メイドインフランスだ!!

まずはグリスアップ。
シールドベアリングなので大して変化はないですが笑

フロント。MAVICハブ用の工具を持ってないので玉あたり調整は出来ませんでした。
少し重いかなって感じの抵抗がありますが、ニュルニュルしてるので大丈夫でしょう笑

リアハブをバラしていきます。

引っ張って外します(古典的!?)

5mmと10mmのアーレンキーで回します(正ネジです)

第一関門…
は?動かねぇ………笑
固すぎです笑
5mmの方のアーレンキーをモンキーで挟んで回すと、バキッ!!と音がして動きました笑
どんだけ締めとんねん…笑


そうするとこの状態になるので、フリーを引っ張ると外せます(バネに注意してね)

…と、どこのサイトを見ても書いてあるのに…
取れない!!!!!!!!

第二関門。笑
特殊なネジがあったりするのかと考えること30分。試行錯誤笑
結果フリーにゴムシートを巻きつけて、リムを両足で抑え!全身で力をかけて引っ張る!そしたら!!!

やっと取れた!!!笑

ほんとにメンテしないとダメになるんですね、MAVIC笑


砂とサビが混ざったような物質がついておった。これが原因か


あとフリーの爪が薄くかけて、金属片も…
しかし、中身は意外と良好。

古いオイルを落として、新しいオイルを…


…ん?MAVICの純正オイルを使えって?



そんなもん持ってるわけねぇだろ!!!!(☝ ՞ਊ ՞)☝

KAZZはR-SYSと一緒に買ったらしいです笑

というわけで、秘密のオイルを笑
(変なこと書くと大変なことになりかねない笑)


復活!!普通に爪も動いてますし、回転も前よりスムーズになりました!ヤッタネ

お次はリムの装飾を。


傷ならまだしも、ステッカーが吹き飛んでるぜ!!笑

そんなときは

作ればええのです笑
反対側のロゴを転写したから正確。なはず笑

そしてこの初期キシリウムの特徴。
ぶっといきしめんスポーク。
今よりもさらに太いです。
そんなスポークの塗装が剥げてると目立ちますね笑
ということでこれを…

つや消しブラックです。朝からホームセンターへ笑

地道に塗っていきます。
そうすると…


リアより酷かったフロントが綺麗になりました!
遠目で見るには十分だと思います。

今度剥げてきたら、スプレー塗装にしますね笑

準備が整ったのでレーシング7からタイヤを移植します。
スカピン時代から乗ってきた7。おつかれ!
振れも出なかったし剛性もあったし、重さを除けばいいホイールだった( ˇωˇ )


取り付けて気づいたこと。
リム幅が7と違う…
3ミリほどキシリウムの方が細いようです。
リムハイトは同じかな。
チェーンラインも少しズレたので変速調整をして………














完成!!!!!
うわ、めちゃくちゃカッコイイ笑


比較用にレーシング7。

ガッチリ安定した雰囲気になったと思います。

試乗したいところですが雨…
チェーンキャッチャーと合わせてのインプレになりそうです…笑

では!

にほんブログ村 自転車ブログ 学生サイクリストへ
にほんブログ村
Template by :FRAZ
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。